トップ / 不動産担保ローンの注意点とは

不動産担保ローン借入

不動産担保ローンの注意点とは

不動産担保ローンで注意すること

不動産担保ローンは審査に通りやすく、高額の借入をすることができるため、住宅をリフォームする際に利用するとかなり便利です。しかし、不動産担保ローンを利用するにあたって、注意しておかなければならないことがいくつかあります。不動産担保ローンのメリットについて知ると、すぐにでも利用したくなるかも知れませんが、デメリットや注意点についてもしっかりと理解した上で利用するようにしましょう。

まず、当然のことですが、返済可能かどうかしっかりと吟味し、無理のない返済計画を立てた上で利用することが大切です。通常のローンよりも審査に通りやすいため、この点について十分に注意しなければなりません。返済が困難になると、担保に供した不動産が競売にかけられます。つまり住んでいる住宅を手放すことになってしまうのです。さらに、不動産は価値が変動します。借入時よりも価値が下がっている場合には、自宅を売却しても債務が残ってしまうこともあり得るのです。そうなると、自宅を失うの加えて、残債も返済しなければならないという厳しい状況に陥ります。審査に通りやすく大口の借入ができるという反面で、こういったリスクあることも考慮しておきましょう。

そして、借入時には不動産の価値を調べるために調査を行い、抵当権設定登記をすることになります。この際の調査費用や登記費用は原則として自己負担です。手数料という名目でお金が必要になることもあります。借りる前に、トータルでいくら支払わなければならないのか、しっかりと把握しておきましょう。業者によっては、詳細な調査をするということで、追加で調査費を請求することもあるため、最初の段階で調査費の金額を確認しておくことが大切です。