トップ

不動産担保ローン借入

リフォーム資金は何処で借りる?

自己資金で足りない場合は借入

築年数が経過して住宅が古くなると、リフォームが必要になってきます。リフォームをするにはまとまった資金が必要になり、自己資金だけで足りる場合はいいですが、借入が必要になるケースも少なくありません。リフォームをする人の3割近くが借入をしています。しかし50代くらいになると、定年が近いこともあり、銀行ローンの審査に通ることは難しいです。そこで、資金調達の方法として、不動産担保ローンがあります。不動産担保ローンを知りたいならこちら。

不動産担保ローンとは、所有している不動産を担保にして、借入をすることです。返済が困難になってしまった場合には、その不動産の所有権を失うことになってしまいますが、通常の銀行ローンと比べて審査に通りやすいのが大きな特徴として挙げられます。そのため、定年が近い50代の人でも不動産担保ローンを利用すれば、銀行の審査に通るケースが多いのです。金利に関しても、通常の銀行ローンよりも低めに設定されているため、利息の負担が小さくて済みます。金融機関によっては、既に住宅ローンなどで抵当権を設定済みの場合でも、2番抵当で審査に通ることも可能です。リフォームをする際に自己資金だけで足りないのなら、不動産担保ローンを利用するといいでしょう。

また、リフォームの際の資金調達の方法は、他にもいくつかあります。銀行以外の金融機関から借りる方法や勤務先から借りる方法、親族から借りる方法などが挙げられます。特に親族から借りる場合には、利息なしで貸してくれることが多いため、両親や兄弟などに相談する人もいるでしょう。また、貸すのではなく必要な資金の一部を両親が援助してくれるケースも見られます。ただし、援助してもらった場合には、贈与税の支払い義務が生じてしまうこともあるため注意が必要です。